トップ > キャロットクラブ募集馬の考察(2018年)

キャロットの17年産の考察記事一覧

ベストチョイス

ひとり出資検討会(キャロット2018年度募集)
キャロットクラブの2018年度募集馬について、出資申込を検討している馬を紹介しています。募集馬リストが出る前から喉から手が出るほど欲しかったディアデラマドレの17は、形骸化しつつある中間発表で上位に入っており手が出せないかもしれません。

キャロット2018年申込み

キャロット2018年度 第1次募集の出資申込馬
キャロットクラブの2018年度募集について、第1次募集期間が終わりました。管理人の出資申込馬を紹介します。検討段階で考えていたとおり、ディアデラマドレの17を最優先にして、ペルレンケッテやコケレール、ミュージカルロマンスに応募しました。

キャロット申込み結果

キャロット2018年度募集の申込結果
キャロットクラブの2018年度1歳馬 第1次募集の出資申込結果を公表しています。最優先のディアデラマドレの17と、一般のミュージカルロマンスの17は無抽選で出資確定、ペルレンケッテの17とコケレールの17は一般抽選で落選しました。

ローガンサファイアの17

ロードカナロア産駒の短評まとめ
キャロットクラブの 2018年度募集馬のうち、ロードカナロア産駒についての短評をまとめています。ペルレンケッテ、ローガンサファイア、マチカネエンジイロ、エクレールアンジュ、フロアクラフト、クルミナル、グランデアモーレ、ローズノーブル、リリサイド、シシリアンブリーズ、パッシフローラの 11頭です。

シーズンズベストの17

エピファネイア産駒の短評まとめ
キャロットクラブの 2018年度募集馬のうち、エピファネイア産駒についての短評をまとめています。アヴェンチュラ、シーディドアラバイ、ディアデラマドレ、シーズンズベスト、アンレール、フェルミオンの 6頭です。

キューの17

オルフェーヴル産駒の短評まとめ
キャロットクラブの 2018年度募集馬のうち、オルフェーヴル産駒についての短評をまとめています。キュー、フォルテピアノ、コケレール、ディメンティカタの 4頭です。

ミュージカルロマンスの17

ミュージカルロマンスの17の配合分析と血統評価
ミュージカルロマンスの17 は、父ディープインパクト、母父コンコルズテューン。ディープ×ナスルーラ系では重賞ウイナーは何頭か出ているものの、G1馬はディープブリランテ 1頭のみ。フレンチデピュティやストームキャットなど、ディープと相性の良い母父とは差があります。本馬は測尺も馬体写真も見栄えしませんが、歩様には全てを覆すほどの良さがあります。出資候補です。

ペルレンケッテの17

ペルレンケッテの17の配合分析と血統評価
ペルレンケッテの17 は、父ロードカナロア、母父ディープインパクト。母は国内で走った上級条件馬で、祖母は G1 昇格前のドイチェスオークスを勝ったプンティラです。ペルレンケッテのきょうだいはほぼ走っておらず、血統や配合からは期待は高く持てませんが、本馬自身の馬体と歩様はものすごいデキです。個人的には今年のキャロット募集のカナロア産駒のなかで、馬体と歩様で選ぶならこの馬です。ベストです。

エクレールアンジュの17

エクレールアンジュの17の配合分析と血統評価
ペルレンケッテの17 は、父ロードカナロア、母父ゼンノロブロイ。祖母アドマイヤキラメキも、曾祖母エヴリウィスパーも G1馬を産んでいる、優秀な母系です。母エクレールアンジュは育成段階の喉鳴り発症によりデビュー前に引退となりましたが、若い胎内で育った本馬には大きな期待がかかります。馬体と歩様は素晴らしく、測尺の物足りなさと喉鳴りなどのリスクを鑑みても良い馬だと思います。

フロアクラフトの17

フロアクラフトの17の配合分析と血統評価
フロアクラフトの17 は、父ロードカナロア、母父フジキセキ。本馬は母の初仔。祖母リッチダンサーは産駒の多くが勝ち上がっており、またバウンスシャッセ、ムーンクエイクという 2頭の重賞勝ち馬を出している名繁殖です。カナロアとフジキセキの組み合わせは爆発力はなさそうですが安定感があります。本馬に備わっているヌレイエフとフェアリーキングの 3/4 同血クロスが上手くハマれば、大物が生まれるかもしれません。総合的に見て、今年のキャロットで最もオススメのカナロア産駒です。

コケレールの17

コケレールの17の配合分析と血統評価
コケレールの17 は、父オルフェーヴル、母父ザミンダー。ザミンダーはフランスの重賞勝ち馬で、父として凱旋門賞勝ち馬のザルカヴァ、母父として全欧年度代表馬のキングマンを輩出しています。母コケレールも G1馬を出す牝系の出身で自身も G1馬という良血。馬体は現在は薄いですが、歩様はとてもバネと柔軟性を感じさせるもので期待できます。

リリサイドの17

リリサイドの17の配合分析と血統評価
リリサイドの17 は、父ロードカナロア、母父アメリカンポスト(American Post)。半姉に重賞勝ち馬で、牝馬クラシックなど G1レース 4戦で 2着になっているリスグラシューがいます。リスグラシュー以外の姉も準オープンレベルの馬が 2頭おり、母の繁殖能力は高そう。本馬は初めてのサンデー系以外の父で未知数ですが、募集総額も高くデキが良いことが伺えます。ただ個人的には高過ぎると感じます。

アヴェンチュラの17

アヴェンチュラの17の配合分析と血統評価
アヴェンチュラの17 は、父エピファネイア、母父ジャングルポケット。アヴェンチュラは自身も全姉も G1 を勝っており、優秀な母系をつぐ繁殖牝馬として期待されています。母系の血統や能力は魅力的ですが、問題は故障リスク。一族の故障率は高く、屈腱炎や骨折に悩まされている近親馬が多いです。そのリスクを取れるかどうかで本馬の評価は変わると思います。

ディアデラマドレの17

ディアデラマドレの17の配合分析と血統評価
ディアデラマドレの17 は、父エピファネイア、母父キングカメハメハ。3代母ポトリザリスはアルゼンチンダービーとオークスを勝っており、2代母ディアデラノビアは重賞 3勝、母ディアデラマドレも重賞 3勝。ディアデラマドレのきょうだいにも重賞勝ち馬がおり、他のきょうだいもほぼ全てが勝ち上がっているという優秀な牝系です。故障や気性についてリスクはあるものの、母が繰り出した上がり 31.9秒という末脚も魅力的で、個人的に期待している 1頭です。

サトノジュピターの17

サトノジュピターの17の配合分析と血統評価
サトノジュピターの17 は、父ルーラーシップ、母父アグネスタキオン。母サトノジュピターはオープン勝ち馬。祖母アドマイヤテレサは重賞で掲示板に載っており、母の兄にはオーストラリアの G1 を勝ったアドマイヤラクティがいます。良血と言ってよいと思いますが、それを証明するような好馬体。募集総額と厩舎も人気を後押ししますが、馬自体が本当に良いと思います。

この記事の最終更新日は 2018年09月08日 です。

このページのトップへ

トップページ